2016年3月11日金曜日

防災教育の日

3月11日は、市川市で「防災教育の日」と制定されています。

市川小学校では、朝の時間に震災に備えてシェイクアウト訓練に取り組みました。
シェイクアウトとは、地震の際の安全確保行動のことで

①DROP(姿勢を低く) ②COVER(頭を守り) ③HOLD ON(じっとする)

の一連の行動のことをさします。

その後は、市川市教育長からのメッセージを聞き
東日本大震災で被害にあわれた方々へ黙とうを捧げました。
 さらに給食では、災害が起きた時のことを想定して、
備蓄してあるもので作れる献立でした。(詳しくは給食のページをご覧ください。)


5年前に起こった大震災のことを思い出し、
防災について考える機会にしてもらいたいと思います。